Product Informatiion 製品開発物語

「着る人の喜びとともに未来を開く」営業部編

ファシックならではのアイデアを加えたオリジナルの商品開発が強み。

打ち合わせ風景

─アイデアをプラスすることとマーケットの情報収集。─

取引先のお客様といっても業態はさまざまで、それぞれのニーズも違います。各業態のニーズを的確に把握し、それに沿った商品の企画提案が求められますが、そこには必ずファシックなりのオリジナルアイデアをプラスすることを心がけています。
打合せの前には、ホームページや最新のファッション誌から情報収集する他、実際に店鋪に足を運び、価格帯やアイテムの種類、客層などを予めリサーチして、お客様が何を求めているのかを把握するように努めます。お客様の服装も必ずチェックして好みや傾向を知るようにしています。
これらの情報収集や打合せにより、リテーラーのみなさまのニーズを細かなところまできちんと把握し、その上でファシックならではのオリジナルアイデアを提案いたします。

仕様糸のイメージ

─グローバルなレベルでの情報収集と取引で、さらに提案の幅を広げる。─

イタリアを中心にヨーロッパのコレクションや素材メーカーの展示会に年に数回は出向き、市場のリサーチやアイデア探しも行っています。ミラノなどのファッションの中心地も訪問し、最先端のトレンドをチェックしています。
また、ファシックは海外との独自のネットワークを持っています。イタリアの生地メーカーから直接生地の仕入れができるだけでなく、ニーズがあれば糸から選んだ世界に一つしかないオリジナル素材を別注することも可能です。

布のサンプル

時には、お客様に海外の展示会や工場に同行していただきます。直接見て確かめていただくことで、本来の商品コンセプトを確実に現場に伝え、サンプル作りにも的確に反映していきます。お客様がファシックに何を期待しているのか、どのような商品を作りたいと考えているのかなど、要望を正確に理解したうえでヨーロッパ・中国・日本のネットワークを駆使した素材提案をすることもできます。

イタリアや中国へ

─「任せるよ」「完売したよ」と言っていただくために。─

オリジナルアイデアをプラスするからには、なぜそのアイデアが必要なのか、これまで培ってきたノウハウや経験など、その根拠をきちんと説明することも大切だと考えています。
その上できちんと成果が出せて、評価していただき、「商品の開発を全部任せるよ」「開発した商品が完売したよ」とお客様から聞くことが、私たちファシックにとって最高の喜びです。

このページのトップへ

株式会社ファシックは、我国の一大毛織物産地尾州を背景にアパレルビジネスを展開しています。

リテーラーのプライベートブランド(P.B)を専門に開発し、P.Bを育成してゆくノウハウを、常にリテーラーサイドに立って考え、リテーラーと共存共栄することを企業理念としています。